初心者でも分かりやすい名古屋で始めるホームページ制作

ホームページ制作

ホームぺージは誰にでも簡単に制作できます

名古屋でプロの業者にホームページ制作を依頼すると、数万円も費用がかかったり、場合によっては10万円や100万円も超えてしまうケースもあり、さらにホームページ制作後に保守管理費用も払い続ける場合もあります。名古屋にある大手企業のような巨大なページを制作するのならともかく、個人や小さな団体が小規模なホームぺージを作るのであれば、業者に頼むよりも自分で制作した方がずっと安上がりでおすすめです。
ホームぺージ制作は、主に「html」や「css」などのweb用に作られた言語をテキストファイルに入力して制作するのですが、コンピューターのプログラミングのように難しいものではなく、初心者でも専門の本を一冊買って勉強したりインターネットで調べるだけで簡単に作り方を習得できるようになります。
これらの言語の入力はWindowsに標準で搭載されているメモ帳からでも入力できますので、ページを作るあたって何かを購入するという事は必ずしも必要ではありません。しかしホームページ制作を楽にしてくれる便利なソフトも多数出ていますので、プロも使っている高額な「Dreamweaver」は難しくても、「テラパッド」や「サクラエディタ」などの有名なフリーソフトは利用してみるのもいいかと思います。
また、自分の作ったホームぺージをアップロードするレンタルサーバーも、毎月100円しかかからない会社があるなど最近では名古屋を始め料金が安くなってきています。

制作したホームページの公開の流れ

コンテンツ、デザイン作成、コーディング作業が完了すれば、ホームページをインターネットへ公開する準備が整います。インターネットを公開するにはドメインが必要になります。ドメインとはインターネット上の住所のようなものなので、これがないと利用者はホームページまで辿り着くことができません。ドメインはプロバイダーが無料で提供しているものもありますが、独自ドメインで公開したほうが利用者が辿り着きやすくなります。
ドメインを取得すれば、次にはサーバーを準備することになります。サーバーの準備は自分たちで購入して運用していく方法もありますが、初期コストが多大となりその運用負荷が生じてしまいます。そのため、事業者が準備したWebホスティングのようなサービスを活用して、コストを削減する方法もあります。なお、万一、ホームページが不要になった場合はそのサービスを解約すればいいだけなので、コストの無駄を最小限に抑えることができます。
ここまでくれば、名古屋ホームページ制作はほぼ完了で、ファイルをサーバにアップロードしてホームページのテストを行ないます。ここでは、実際のWebブラウザでアクセスし、表示速度やズレを確認します。名古屋ホームページ制作している環境と実際の環境が異なるので、細かな部分まで慎重に確認します。これで問題なければ、名古屋ホームページ制作は完了です。

ホームページ作成の作業手順を紹介します

デザインの作成
まず、ホームページ制作のデザインを名古屋などで行います。デザイン担当の人が、Illustratorでホームページをイメージで作成します。
デザインを画像部品化
デザインが完成したら、次はコーディング担当の人が作業します。デザインはPhotoshopの形式で受け取ります。まず、デザインの中にある画像やボタン等を、画像部品として切り出します。これら切り出した部品を組み合わせることで、ホームページの画面になります。
HTMLの作成
実際のホームページをHTMLで作成します。HTMLは文字だけのテキストファイルですが、テキストエディタで作成するのは大変なので、dreamweaverのようなWebオーサリングツールを使います。デザイン通りにホームページが表示されるように、HTMLを作成していきます。画面位置の指定はスタイルシートに定義します。これにより、デザイン通りの位置に画像部品を表示させることができます。
プログラムの作成
HTMLだけでは画面操作ができなかったり、データベースが必要な場合は、プログラム担当の人がPHP言語等を使ってホームページの動作を実現します。
以上、簡単ですが名古屋を始めとするホームページ制作の作成手順を紹介しました。名古屋などでホームページ制作の仕事をしたいと思っている方は参考にしてみてください。

ホームページ制作する時の注意点

近年ではホームページ制作は各分野において必要なものになってきています。企業を紹介するだけでなく、商品の売上を左右することもあります。そんなホームページ制作の時に、行ってはいけない事があります。ホームページ制作をしようと思っている初心者の人は作成する前に、既にホームページがあるという人は、当てはまったりしていないか、ぜひ確認してみてください。
1つ目は了承も無く勝手にイラストや文章を使用することです。悪気が無くても、知らないうちに著作権の侵害をしていることもあります。他人のホームページに載っているイラストなどを勝手に使ったり、文章をコピーし載せたりするのは、著作権の侵害になります。使用したいと思った時は絶対に了承を得るようにしてください。
2つ目はファイル名に日本語を使用することです。例えば、エクセルのファイルなどは日本語やスペースも使えるため、その感じでHTMLやCSS、画像ファイル名に日本語を使いそうになってしまいます。ですが、パソコンに保存しているHTMLファイルをブラウザで見たい場合、しっかりとCSSや画像も反転され正常に見られません。HTML、CSS、画像ファイル名やフォルダ名は半角英数字を使うようにしましょう。

NOTICE

ホームページの作り方

最近はネットで自分で作ったアクササリーや小物などを作って販売している人が多くなっていますよね。そういう時に、ホームページを作りたいと思いませんか?おしゃれなホームページが出来上がれば、お客様の目にもとまり、売上げにも役立つと思います。まずホームページを作る時は作成方法が色々あります。無…

見やすさを意識したホームページ制作をする

センスにあふれていてなおかつ使いやすいホームページを制作することは、企業にとってかなり重要です。ホームページには不特定多数の人がアクセスをします。その不特定多数の人がホームページへアクセスして深く興味を持ってくれるかどうかは、どんなホームページなのかによります。もしも多少興味を持ってくれた人で…

ホームページの制作の意義

ホームページは必要なのか今の時代、インターネットが爆発的に普及している世の中では、ホームページというのはある種その企業等の名刺の役割を果たしている。ホームページを見た人の中にそれに関して色々な作用が起きたりする。例えば、企業や会社であれば「見学してみたい」「もっと情報が知りたい」など…

ホームページで伝えること

ホームページを作るときに必要なこと、重要なことがことがあります。まず、ホームページを作るときに思うことは何を誰に伝えるのかを明確にすることです。自分が何をウリにしているのか、そのウリは誰に伝えたいものなのかがわかってないと、作ったはいいけど、全然効果がない…ということが起きます。では、…

TOP